けんこうほうし整体院 四谷三丁目本院|姿勢矯正について


↓おかげさまで四谷で開業11周年!↓

お得な体験キャンペーン実施中


姿勢が悪い状態とは?

  姿勢の悪い状態とは、本来人間が一番活動しやすい、背骨のS字湾曲、膝・肩・首の位置などが日頃の偏った姿勢などによる影響で崩れてしまった状態を言います。

姿勢が悪いのは良くないの?

 姿勢の崩れたバランスを支えるのに正しい姿勢よりムダな力を使うことで筋肉が疲労を起こしやすい状態でもあります、さらに現代はパソコンやスマホなど前かがみになって作業をする時間が昔より増えています。

 日常で悪い姿勢が癖になってしまうと、正しい姿勢をしても長続きしなかったり、猫背気味の姿勢のせいで自分の腕や頭など上半身の重さを支える肩と首が疲れやすくなったりと悪循環になりやすい状態です。

姿勢矯正の為の3つのステップ

@今のあなたの姿勢と正しい姿勢との違いを確認

正しい姿勢を意識して頂く為に当院では最初にあなたの姿勢を分析します

  全身の姿勢のチェックをしてから、正しい姿勢の基準となる重心線と今のあなたの姿勢を比較して普段の姿勢の問題点をわかりやすくご説明し

 あなたの体の不調や疲労の姿勢的要因をご確認していただきます。



A正しい姿勢が出来るようにするための土台作り

 正しい姿勢の基準がわかったとしても、それだけで突然正しい姿勢が出来るようになる訳ではありません。

  姿勢というのは日常生活のクセやお仕事の内容スポーツの経験などの習慣から時間をかけて良い姿勢から悪い姿勢へと崩れていくものです。

 局所的に丸まったり動きが少ない姿勢が長期間続くとクセになった体のゆがみに合わせて柔軟性を失いがちです。

 ですので正しい姿勢に戻る為には衰えてしまった関節や筋肉の柔軟性にアプローチすることも大切になります。 



B姿勢の矯正とともに意識矯正も大切です

 姿勢の矯正と運動のフォーム改造は非常によく似ています、なぜなら姿勢の悪い方は普段の不良姿勢を正しい姿勢だと認識してしまっているからです。

 特にデスクワークの仕事が多い現代では、パソコンに向かって肩と背中を丸めて座りアゴを挙げた姿勢でモニターに顔を近づける姿勢が多くなりがちです。

 そんな姿勢を仕事中に数時間維持する生活が続くと、運動を統合する小脳が姿勢の良し悪しではなく仕事上便利な姿勢として認識してしまい日常でも座る姿勢や立つ姿勢が肩を丸めてアゴを挙げた姿勢になりやすくなってしまいます。

 そうならない為にも先ず第一に自分の姿勢の悪いクセを正しく把握すること。次にこまめなご自身での姿勢チェックをして修正することを習慣にしていくのが意識の矯正となります。



 全身を効率よく使えるキレイな姿勢は、不良姿勢よりも首や腰などの局所的な疲労を分散させることが出来ます。

 正しい姿勢は、歩くとき走るときのフォームの改善にもつながりますし視覚的にも好印象に繋がります



 姿勢矯正と意識矯正のために当院では、正しい座り方や立ち方の基準をお教えすると共に

 お仕事の合間にできる簡単なストレッチや正しい姿勢に必要な筋肉のエクササイズなど姿勢を 正すことを目的としたケアメニューをご提案して自然と正しい姿勢になるためのお手伝いをさせて頂きます。

壁を背にして姿勢のチェック!

 日頃の姿勢の悪さは、体のゆがみが影響していることがほとんどです。

 背筋が伸びて、顎を引いた正しい姿勢がとれていれば頭の重さを首肩の筋肉群が負担を均等に分け合い支える事が出来ます。

 しかし腰が反りすぎて骨盤が前傾していたり 逆に背中が丸くなりすぎてお尻が下がってしまうような不良姿勢が続くと 姿勢を支える筋肉である抗重力筋をアンバランスに酷使して何時の間にか悪い姿勢が身についてしまい勝ちです。

正しく立てるか姿勢をチェックしましょう!

@ チェック方法

A 壁を背にしてたって、かかとを壁につけます。

B そのまままっすぐ立って、後頭部 肩甲骨 お尻の3点を壁につけます

 その状態の立ち方と良い姿勢を意識しない普段の自分の立ち方の姿勢を比較してみましょう。

         正しい姿勢
 正しい姿勢では、背筋がなだらかなS字曲線を描き頭部 肩甲骨 骨盤がバランスよく並びます。
         反り腰姿勢
 お尻が後ろに突き出る姿勢の方は、骨盤が前傾しすぎで腰が反りすぎるため腰痛をお持ちの方が多い傾向があります、立ち仕事の多い方、前腿筋肉の強い方に多くみられます。
         丸まった姿勢
 肩甲骨が後ろに突き出るタイプの方は、骨盤が後ろに傾き胸が張りにくく猫背になりやすい傾向があります。デスクワークの多い方や運動不足の方に多くみられます。


正しい姿勢は、筋肉 関節に余計な負担がかかりにくくなります

 筋肉を柔軟にしバランスよく関節の動きを整えることで正しい姿勢をとりやすくなり、 結果、お仕事やスポーツ等活動パフォーマンスの向上をうながせます。

 スポーツのパフォーマンスでは正しいバランスを維持しやすくなることで 体幹が安定しやすくなります、体幹が安定するとランニング時のストライドや走りの安定感 へ、ダンスやゴルフなど回転の軸が重要なスポーツでもフォーム スタイルの安定感につながりやすいのです。
 
  もちろん姿勢(フォーム)だけでなく筋力 柔軟性も大切な要因ですが、正しい姿勢にはさまざまなメリットがあるのです。

こんな自覚があったら姿勢矯正と筋肉のケアをお勧めしています

 多くの人が抱える不良姿勢やコリ。肩や腰など場所のちがいやデスクワークや立ち仕事といった普段の生活習慣の違いはあっても結果として凝る部位は似ています。

 なぜならその部位には、重力や自重に逆らって姿勢を維持するために常に使用している 筋肉、抗重力筋があるからです。日頃の不良姿勢やコリは、抗重力筋の疲労と緊張で起きる事が殆どで、 下記のような不調がでるようでしたらストレッチと筋肉のケアで対策をお勧めします。


アゴが上がりがち

 仰向けで寝たときや壁に頭をつけて立ったときにアゴが上がる方は、首の筋肉(胸鎖乳突筋という耳の裏から鎖骨の付け根に伸びる筋肉) や肩の筋肉(主に後頭部から肩甲骨の僧帽筋上部)に疲労が溜まっている可能性があります。

なで肩
           
 なで肩姿勢は、肩甲骨が正しい位置よりすこし外側に離れています。そのため腕の筋肉(力こぶの筋肉である上腕二頭筋)肩の筋肉(肩関節を覆う筋肉である三角筋)の疲労が考えられます。


お尻が垂れてきた    

 最近お尻が垂れてきたという方は、お尻を覆う筋肉である大臀筋の衰えが懸念されます。股関節が硬いという方も大臀筋が弱ったり緊張している方が多いようです。


すぐにつまづく      

 ちょっとの段差でつまづいてしまう方は足首とふくらはぎが疲労しています。腓腹筋とヒラメ筋(かかと〜膝の裏の筋肉を柔軟にしましょう。



コリやダルさが癖になる前に早めのストレッチや運動で姿勢をケアして快適な生活をおくりましょう!

ストレッチ整体の魅力とこだわりについて
ストレッチ整体の魅力



当整体院のこだわりについてはこちら  

こだわりのマンツーマン



施術コースのコンセプトについてはこちら 

施術コースについて



正しい柔軟性をつけるストレッチの方法とは?


体を柔らかくする方法



肩の正常稼動域と肩甲骨の仕組みについて

肩甲骨はがしについて


けんこうほうし整体院 四谷三丁目本院

п@03-6411-5795

東京都 新宿区 四谷3−1 ミカドビル2F

JR四ツ谷駅からお越しの場合は新宿通り沿いに徒歩8分

丸の内線をご利用の場合は四谷三丁目駅3番出口から徒歩1分です

営業時間
平日9:30〜21:00(最終受付)
土曜9:30〜19:00(最終受付)
日曜祝日11:00〜17:00(最終受付)







トップ 料金表 アクセス サイト
マップ
施術
コース
ほうし整
体コース
運動不足
解消コース
美脚
コース
マンツー
マン整体
姿勢矯正
について
体を柔らか
くする方法
抗重力筋
について
よくある
ご質問
冷え性
について
肩こり
について
ストレッチ
整体の魅力
けんこうほうし整体院 四谷三丁目本院
トップ 料金表 アクセス サイト
マップ
施術
コース
ほうし整
体コース
運動不足
解消コース
美脚
コース
マンツー
マン整体
姿勢矯正
について
体を柔らか
くする方法
抗重力筋
について
よくある
ご質問
冷え性
について
肩こり
について
ストレッチ
整体の魅力